ばみりおんブログ

同人サークル「Vermilion/ばみりおん」のお知らせとか雑記とかエロい話(下ネタ) とか。未成年の方の閲覧はご遠慮ください。

2015年12月

受け手は果たして安易な展開を望んでいないのだろうか

よく作品の感想などで(ウチの作品の事ではなく)、まぁレビュー的なもの含めてだけど、「展開が読めた」「安易な展開だ」という感想を目にする。

でも実際はラノベや漫画などはそんな作品が正直大半だと思うけど、それでも結局売上なんかでは「大ヒット」となっている作品はかなりある。

邦画に至ってはここ数年イケメン俺様が壁ドンする系の勢いが凄いですよね。あとは余命・不治の病系。プロットというか大筋とかコンセプトは全部同じじゃんっていう。CG集でも流行り系のそういう「いかにも」なテンプレ作品は数多ありますし

あとアニメでいえば例えば最近すごくそれを感じるのは「ニセコイ」。

私はアニメも漫画も見ているけど、正直、キャラ、設定、ストーリー、演出…どれをとっても今までのラブコメで「どこかで見た」というものばかりな気がする。というか「ベタ」のてんこ盛りというか塊のような作品だと個人的に思っている。

だけど、あの作品はアニメ化をもちろん、ジャンプでもっとも長いラブコメになっているまごうこと無き「人気作」になっている。まぁ色々悪口も多い作品だけど、なんだかんだいってそれだけみんな注目している大ヒット作と言えるでしょう。というかアニメ化してるだけでも大ヒットですよね。……といっても私も見たり読んだりしてる割にはこの作品は正直駄作だと思っていますけどね……ここは語ると延々と長くなるので省きますが。

話を少し変えます。

戦隊物やライダー、ウルトラマンなどの特撮モノ、水戸黄門、ごくせん、ONE PIECE…これらの日本人が大勢が愛する作品は個人的には根底はまったく同じだと思っている。

敵や悪いやつ、悪役が現れて、誰かに悪さをする。誰かが、困る。それを正義のヒーローが颯爽と現れて敵を倒す…という大筋だ。基本のドラマの流れはどれも同じ。それぞれの話で細かい人間ドラマは加わるものの大筋ではいっしょだと思う。

この「安易な流れ」は正直「わかっていても面白い」

王道。安易な展開かもしれない…けれどやっぱり面白いのだ。展開は丸わかりだけど…わかっていても面白い。気持ちが良く、スッキリする。

こういった「わかってはいても面白い」という感情は誰でもあると思う。

たとえば、ダチョウ倶楽部さんや出川さんのリアクション芸…アツアツおでんや、熱湯風呂…あれらも展開からオチまで全部わかるし、何度も見ているのに…何度見ても笑ってしまう。

まぁ世の中には「笑えない」という人もいるだろうけど、私は面白いと思うし、世の中の大半は面白いと思っているし、それを「初めて見る」という若い層だっていつも一定層いる。

「ニセコイ」の話に戻すが、あれも正直オチなんて第1話の扉絵とタイトルだけで最終的に誰と結ばれて終わるか一目瞭然なんですけど…つまりオチもわかるんだけど…

キャラもツンデレに、大人しく真面目で優しい子、デレデレお嬢様タイプ、男まさりなツンデレキャラ、妹キャラ、お姉さんキャラなどまぁこれでもかというほど王道。しかも全員主人公に惚れるというハーレム。(ちなみに私は基本的にハーレムモノがものすごく嫌い)

エピソードも、バレンタインとか夏祭りとか文化祭季節の行事に加えて、風邪ひき看病とか記憶喪失とか…王道。エロゲーレベルにありきたり。

話もこの物語の根底にある昔の約束思い出が〜という部分とかもラブひなとかとそっくり過ぎて…うん。

まぁあくびが出るほどベッタベタの塊のような作品ですよね。再三言ってしまうけど…


でもやっぱりそれでも人気作なんですよ。

だからコアな人間は別とすれば結局大半の世間は「ベタが好き」なんですよ。王道が。「安易な展開」を批判する人がいる一方で「安易な展開」が好きだし、求めているんですよ。

ハリウッドも結局ド派手にドカーンとヒーローが敵を倒すのが人気でしょ。あとは大きな災害などをどう切り抜けるか?みたいのとか。

だからと言って「ベタ」や「王道」ばかりでももちろん面白くないのは事実。要はディテールなんですよ。「ベタ」や「王道」に様々な物をプラスすることにより、面白いものになる…という事。

もちろん口で言うのは簡単ですが、実際「じゃあそうしろよ」と言われても、そうは出来ないのが世の常。

まぁ今回の記事はなんでこんな事書いているかと言うと、私の好きな作品のレビューに「安易な展開で先が読めた。オチも王道だし、つまらない」というようなものを見てしまったから。

それを見た時「でも世の中はそれが好きなんじゃん」と思った…という話なのでした。

結局みんな「ベタ」や「王道」が好きなんですよ。「ベタ」や「王道」がね。なんだかんだ言って…そうじゃなきゃ特撮ものなんてとっくに終わってるし、ONE PIECEなんて日本一の売上とかならないでしょ。


「ベタ」や「王道」のなにが悪いんじゃ!…と。

「ベタ」や「王道」を毛嫌いするのは一部の人間だけだということ。

読めない展開や意外なオチなどがイコールいい作品となる条件ではない…と心に湧いた思いを書いてみた次第でした。

別に私が作る作品に対しての言い訳などではありませんよ。心からそう思っているだけです。

終わり。

エロの表現的ジャンルの最たるもの…

私が作っているのはエロCG集です。

世の中にはエロのオカズ媒体として想像・空想や生オカズなどの例外を除けば、そのほとんどが本(漫画・3次写真)か、画像か、映像か。最近は音声…とかあると思うんですけど、

さらに大雑把に細分化すると

2次元>
エロ漫画
エロゲー
エロCG・CG集
エロアニメ

音声は一応2次元カテゴリかな。
あと3DCGアニメなどの2.5次元的なものも増えては来ていますがここでは割愛。

3次元>
アダルトビデオ
エロ画像

と別れると思うんですけど、(これ以外にも音声作品などもありますけど今回は省きます)

3次元はもうアダルトビデオが圧倒的だと思います。

最低でも年間4000~5000億円の売上があるそうです。たぶん総括的な売上はそんなレベルじゃないと思いますけど。

成人男性が普通最初に「オカズ」と思いつくのはアダルトビデオなのではないでしょうか。

ですが、今回はアダルトビデオの話は一旦置いときましょう。とにかく3次元ではアダルトビデオが圧倒的と言う事です。


次に2次元ですが、上記の通り、主に4種類あって(小説などの文字のみの媒体はたぶんかなり小さいジャンルなので省きました)個人的に一番エロというもの表現する場合の一番は「エロ漫画」だと思います。あくまで個人的に!です。

もちろん商業誌・同人含めてですね。個人的に3次元、2次元含めてもエロというジャンルをオカズとして見た時に一番エロく表現できるのが漫画だと私は思っています。

中には漫画に音声や効果音付けて自動ページ送り付きの作品とか稀有なものもありますが、それもマイノリティなので省きます。

エロゲーやCG集や一枚絵はほぼすべてがカラーという強みはあるものの、一瞬一瞬の絵しか切り出せませんから、その間の補完は文字でするしかない。最近は挿絵や断面図なんかで少しでもそういう部分を補う試みはされていますが限界があります。カラーゆえに線画だけでも勝負できる漫画と比べ制作にも時間がかかりますし。

例えばセックスのシーンにはエロゲーやCG集などは画像一枚と差分のみで挿入からピストン、射精、事後と表現しなければならない。

だけど、漫画はその一連のシーンを様々なコマと表現で細かく描写できる。時間の経過を表現しやすい。言葉が無くても画だけでも十分一連のシーンを表現できる。エロゲーやCG集ではそうはいかない。

エロゲーはADVとして選択肢に寄ってストーリーが変わる…的な楽しみ方もできるので一概には言えませんがあくまで「オカズ」としての事を第一に考えるのでこれも今回は省きます。

そしてエロアニメに関しては本当は絵(画)あり、音声あり、動きあり、と完璧そうに見えますが、未だにエロアニメのクオリティはちゃんとした深夜アニメなどを始めとした一般的なアニメに比べて平均的なレベルはまだまだ低いです。最近は頑張っている作品も出てきてるとは思いますけど、まだまだクオリティは低いものが多い。ヘタをすると一般アニメのエロシーンの方がエロいというわけわからない事にもなりかねない程のレベルです。おっぱい出てて音声があってパコパコしてる動きだけではエロくないです。

それにエロアニメはプロの作品だけですよね。それゆえ大量生産できませんし。漫画や同人、CG集なんかは個人単位で同人誌として自費出版や、ダウンロード販売も可能なので分母がアニメに比べ圧倒的なので幅広い作風や実験的内容にもしやすい。ニッチなエロに対応しやすい。


そういう意味で私は漫画が最強説を推しています。どうでもいいコトかもですけど。

私にも漫画をガシガシ書ける能力があれば………今からイチから勉強するのも時間が掛かりそうでなかなか出来ませんしね……

どうでもいい話でしたかね。

ではまたー







HPのマイナーチェンジや相互リンク追加のお知らせ

メインのHPを更新するのを忘れてて、どうせなら少しだけ画像とか編集しようと思って、トップの画像を少し編集したり、バナーを新しくしたりしました。

ま、どうでもいいコトだと思いますけどお知らせだけ。もちろん新作の紹介とかもあります。


それと、相互リンクを

『こんにちは!僕、ドラM男くん』様

を追加させて頂きました。

サイトで作品紹介して頂きました。

ありがたいことです。『こんにちは!僕、ドラM男くん』様ありがとうございました。
今後も何卒よろしくお願いします。

相互リンクは引き続き募集中です。サイトを持っている方お気軽にご連絡ください。
以下弊サークルHPのお問い合わせページから

http://vermilion9.x.fc2.com/contact.html


取り急ぎですが以上お知らせでした。



ワリキリ!?〜黒ギャルJK放課後実情〜パッケージ版販売の予告お知らせ

弊サークル新作【ワリキリ!?〜黒ギャルJK放課後実情〜】がダウンロード版に続いて、パッケージ版販売することが決定したのでお知らせです。

あくまで予定ですが、来年の1月1日より全国の同人ショップ等で販売が開始される予定ですので、ダウンロード版はちょっと…という方は是非お見かけしたらご購入の程考えてい頂ければ光栄です。もちろん通販等も出来ます。全国どこからでも買うことができますです。よろしくお願いします。

詳しくはアイスタジオ様でも告知や説明文など書いてありますのでチェックしてみてください。

http://www.istudio.jp/ 

他にも全国通販などはアイスタジオ様のタイトルの提携通販サイトMedia gate様もご利用ください。

http://www.m-gate.net/index.html

デザインも新規にプロの方がデザインし直されていますので魅力的なパッケージ版になる予定です。

どうかよろしくお願いします。



サークルばみりおん
コメントは承認制になります。即時反映はされませんのでご了承ください。
最新コメント
記事検索